AT THE VOICE

AT THE VOICE

FLAPPERS Official Site

03

細部までこだわり尽くした逸品、「TICCA」の定番シャツを知る

2021.06.14

ベーシックな中にも、トレンドの気分を少しだけ差し込んだ「TICCA(ティッカ)」の服。中でも、素材からフォルム、縫製まですべてにおいてこだわり、時代の空気を取り入れながらアップデートを重ねてきた「スクエアビッグシャツ」は、ブランドのエッセンシャルアイテム。今回は、そんな定番シャツの魅力を細部まで解説していく。

ワンサイズであらゆる体型をカバーする究極のフォルム

多くの人から支持される最大の理由は、どんな体型の人が着ても美しい身頃にゆとりのあるスクエアシルエット。脇線を斜め前方に出し、後身頃の幅を広くとることで、前から見るとすっきり、後ろから見ると丸みを帯びたリラクシーな表情に。さらにラウンドにカッティングされた裾で横からも美しく見える、まさに究極のフォルム。

2021Autumn
スクエアビッグシャツ/¥23,100(tax in) BUY

着心地の良さを生む「フラシ芯」と
気品を添えるボタン

洗練度が増すコンパクトな襟は、生地と芯地を接着しない「フラシ芯」を使用。高い縫製技術が必要とされる分、首周りに優しく馴染む着心地の良さがあり、汚れがつきにくく、自然な襟立ちも叶える。シェルボタンは「TICCA」のネーム入り。今季展開している白以外のカラーリングのシャツは、生地と同色にボタンを染めることで、よりシックな印象へとアップデートされている。

カフスの芯地や裾裏のバイヤステープ、見えない部分にもこだわりを

袖口の美しい形状をキープしつつ、快適な着心地にするため、カフスにも「フラシ芯」を使用。糸足がしっかり立った「根巻きボタン」で、留め外しがしやすいのも嬉しい。シルエットや細部のこだわりに加えて普段は見えない部分、例えば、美しいシャツのラインを構成するために裾の裏側に別布のバイヤステープを配するなど、粋なあしらいが施されている。

象徴的なハンガーループで印象的な
バックスタイルに

バックヨークには機能的なハンガーループが付属。別名「ロッカーループ」とも呼ばれるこちらは、アメリカの名門・イェール大のアイビーリーガーたちがクラブハウスで着替える際、ロッカーのフックに手早く引っ掛けられるように付けたのがはじまり。ひと目で「TICCA」のシャツと分かるアイコンにもなっている。適度なハリ感のあるシャツは、ボタンを多めに開けて襟を抜いて着るのもこなれた印象に。リラックスムードを演出するやや低めに配置されたポケットや、インしてもアウトしても様になる丈感も魅力。

サラッと1枚で着ても上級者スタイルが完成するベーシックなシャツ

体型を問わず、年齢や性別も超えて愛される「スクエアビッグシャツ」。ヨーロッパの名門ファクトリーで上質な素材を作り、程良い肉感とさらりとした肌触りでオールシーズン着られる。袖を通せば分かるフォルムの美しさに、カラー違い、素材違いでリピートしたくなる逸品。洗濯による風合いの変化を楽しみながら、長く付き合っていきたい。

2021Autumn
スクエアビッグシャツ/ ¥23,100(tax in) BUY
2021Autumn 予約商品一覧はこちら CLICK

SHARE

  • SHARE - Facebook
  • SHARE - Twitter
  • SHARE - LINE


STAFF

photography by Seishi Shirakawa
text by Ayako Takahashi
edit by SELEK